被害者は男性だけじゃない前編

008210

出会い系というと被害者の多くは男性と思われがちです。
しかし、最近は女性が被害者となっているケースが増えています。
30代の方や、10代の方が被害を受けるようです。

特に30代の方の被害は深刻です。
その年代の方には失礼ですが・・・・
結婚を焦っているのです。

その心理につけ込んで業者はサクラを送り込みます。
出会い系というと女性が完全無料のところがほとんどです。
最近は、女性向けの出会い系も出てきています。

サクラも普通のサクラとちょっとやり方が違います。
弁護士だったり、社長だったり、時には芸能人だったりすることも
普通に考えればありえないことです。

お金を持っている方なら出会い系を利用をしませんよね?
結婚相談所とかに登録するはずです。
それを見抜けないのです。

例えば、仲介役みたいのが存在するケースがあります。
その方とやり取りをするには仲介料10万円が必要と言われます。
それを払ってしまうのです。

当然その方は存在しません。
あとは、社長とのやりとりを挙げます。
事業に失敗をしてしまったのでお金が必要になったから貸して欲しい
すぐに返す。

感情移入をしてしまって嘘を見抜けなくて払ってしまう。
他には普通のサクラと同じようにイケメンの写真を使ってアプローチしてメール送信料金を払わせる。そこは男性ターゲットのサクラと同じですね。

驚きなのが被害金額です。
中には、300万というのもあるのです。
先程挙げた事業を失敗した相手を助けようとしたことを考えると不思議ではないかもしれません。

被害を防ぐにはやはり甘い話は信じないことです。
一度払ってしまうと業者は味をしめて同じような手を使ってきます。
要注意でございます。