出会い系に関する法律

出会い系サイト規正法は、平成15年9月13日に施行された法律です。
規正法出来た経緯は、出会い系サイトを利用した犯罪が多発したことにあります。
利用者を守るため、健全なサイト運営、もしくは利用してもらうためにできました。

出会い系を利用した犯罪の多くは性目的や売春目的です。
中にはデート商法もあったりと人の出会いが欲しいという感情を利用した悪質な犯罪です。
ストーカー事件に発展することもあります。

しかし、逆に運営者が詐欺行為を行う場合もあります。
架空請求や、振り込め詐欺も最初は出会い系サイトから始まりました。
平成20年12月1日には業者に対する対策として規正法が改正されました。

出会い系サイト規正法の一部を紹介します。

出会い系サイト規正法の目的

出会い系サイトで被害にあうのは児童(18歳未満)が多いです。
サイトを利用して性犯罪やストーカー被害にあったりします。

また、逆に児童が援助交際に利用したり、恐喝をするなど児童が行う犯罪も最近は増えてきております。
そういった児童が犯罪に巻き込まれること、犯罪を犯すことを未然に防ぐために出会い系サイト規正法ができました。

出会い系サイト利用者に対する規制

まずは利用者同士のトラブルや犯罪を未然に防ぐ必要がありました。
サイトを利用する段階で防がなくては犯罪は減りません。
そこでこういった規制ができました。

1.出会い系サイトの掲示板に児童を相手とする異性交際を誘う書き込みを禁止
2.出会い系サイトの掲示板に児童に対して性交渉の書き込みや、金品を目的とした異性交際を求める書き込みを禁止
3.児童(18歳未満)のサイト利用自体を禁止。

そういった行為があったら法律で罰せられます。

出会い系サイト運営者に対する規制

出会い系サイトを運営する方は、利用者が児童でないことの確認、また児童を勧誘する書き込みを削除する義務がはあります。
利用者児童かどうかの確認は身分証明のコピーや、クレジットカードの手続きなどを行っているところが多いようです。
規正法が出るまでは当事者に責任が求められましたが、運営者にも求められるようになったということです。

それともう運営者にはまだまだ義務があります。
運営者は出会いサイトを開設する前に各都道府県の公安委員会に届出をしなくてはいけません。
これは2009年2月から施行されたものでそれ以前にサイトを所有している方も届出は義務化されています。