デート商法

デート商法って?

デート商法とは、人の彼氏(彼女)がほしい、出会いがほしいという恋愛の欲求を利用した悪徳な手口です。
出会い系サイトでもそういった悪質な業者がまれに紛れ込んでいます。

デートするつもりがいつのまにかお店に連れて行かれて最終的には高額な商品を売りつけられてしまう。
特に宝石店やブティックがよく使う手です。

まさかセールスが目的とは信じられないかもしれませんがあるんです。
出会い系サイトでは必ず紛れ込んでいます。
具体的な一例を挙げます。

具体的な手口
これは実際にあった話です。

彼女に振られたA君は、新たな出会いを求めて出会い系サイトに登録しました。
会員登録すると2、3日のうちに女の子の方からメル友になりませんか?とメッセージが来ました。
A君は喜んでOKし、彼女とのメル友生活が始まりました。

1週間ほどメールしているうちに彼女は「あたし。実は会員制の社会人サークル入っているの。A君も入らない?事務所案内するから一度来てよ」と言われて彼女と会うことになりました。
店へ行くとパーティーやキャンプなどいかにも社会人サークルらしい写真が張ってありました。

いろいろ説明を受けてA君は入会するとになりました。
すると彼女は指輪を持ってきて「これはこのサークルの会員の証なんです。みんな持ってます」。
A君はそこで疑い始めました。

A君は値段を聞くと「7000円×60回」ですと返ってきました。
そしてなんで分割なのと聞くと彼女は「指輪を買うんじゃなくてサークルの会費です」と答えました。
A君はだまされていると確信し、ごねると怖そうな男たちが登場。
A君は印鑑持ってないので家に行って取ってきますと契約するそぶりを見せながら逃げました。

なんとかピンチを脱出したA君ですがデート商法の怖さを知ったのでした。

デート商法の基本は、うまい話には乗らないということです。
さっきの手口ですが、社会人サークル運営しているのに出会い系を利用しているっておかしいですよね。
結局は写真はダミーでただの宝石店だったのです。

あとはデート商法でよくある以下のような手口です。

1.占いの勉強しているの占ってあげるから会わない?
2.マッサージ師の免許持ってるの。今度私のアパートの来ない?
3.○○で大もうけしているの。あなたもやってみなよ。説明してあげるから会わない?
4.私絵画やってて展示会やるからこない?

あとは人の弱みに付け込むこともあります。
たとえば、ちょっと不運なことがあったとき「それは霊視の仕業だよ。知り合いで霊媒師いるから紹介してあげるとか」
疲れていると打ち明けた場合は「いいサプリメント知っているとか」

他にも化粧品とか毛皮など挙げたらきりがないです。
強引にこじつけたら要注意です。

あとデート商法で一番やっかいなので情が出てしまうこと。
高いとはわかっているけどキャンセルしたら彼女がかわいそうといってしない人が多いようです。
自分が相手を想っていても相手は商売道具としか思っていません。

勇気を出してキャンセルしましょう。