電子消費者契約法

電子消費者契約法は、平成13年12月25日に施行された法律です。
それはインターネット取引における法律です。
これは出会い系に限った法律ではないですが大事なので説明をしておきます。

インターネットで取引する際にパソコン操作を誤って契約を、または購入をしてしまった方を救済する法律です。
パソコン操作を誤るとは、数量を間違えてしまったとか、契約につながるとは思わなかったとか、買う商品を間違えてしまったなどです。
そういったケースの場合はキャンセル扱いできるという法律なのです。

例えばインターネットで、ブランド物の時計を買った。
だけど間違えて2つ注文をしてしまった。
そのまま払わないといけないのか?

そういう場合は電子消費者契約法が適用されまして1つをキャンセルというのができます。
ただし、場合によってはキャンセルできないこともありますのでご注意ください。
では、出会い系の場合はどんなケースなのか?

電子消費者契約法では消費者の操作ミスを救済することができます。
消費者が契約ボタンを押す前に内容を確認する措置を行う義務が事業者にあります。
ワンクリック詐欺などがいい例でクリック1回で契約というのは無効になります。

申込ボタンを押した後に入力した申込み内容を一度確認させるための画面などを用意する必要があります。
出会い系の場合は有料であることを知らせないといけません。

契約が終わった後はこれで終わりではありません。
契約承諾の連絡し、それが消費者に届いてはじめて契約成立となります。
写真で押しただけで契約を主張するワンクリック詐欺はもってのほかです。

基本放置していても大丈夫ですがもし、電話で支払いの請求をしてきたら電子消費者契約法を主張しましょう。